移住の前に知ってほしいこと

【断言します】ちょうどいい田舎暮らしがしたい?それなら伊豆一択です【生活者が証言します】

松崎町

最近は地方に移住して
自由気ままに暮らすスローライフ
が流行っていますね!

皆さんも

満員電車通勤から一気に南の島に移住して
のんびり暮らしてみたい。。

なんてことを一度は
感じたことがあるのではないでしょうか?^^;

でも実際田舎暮らしっていろいろ不便そう。。
そこで思いとどまってしまう方も
多いのではないでしょうか。

そんな方には!
是非伊豆での暮らしをご検討いただくことをおススメします。

こんな方におすすめ!
  1. 田舎暮らしをしてみたい
  2. でも不便すぎるのは困る
  3. 欲張りだとはわかっているが、東京の便利さは欲しい



ちょうどいい田舎暮らしがしたい?それなら伊豆一択です

松崎町

田舎暮らしって
【東京にある文明の利器を全部捨てて原始的な生活にもどる修行】
みたいに勘違いされていませんか?

森の奥の電気もない場所で太陽とともに生きる。。?

いいえ! そんなこと全然ありません。
今の時代、

普通に便利な生活ができています。

田舎のイメージ?

お野菜は家庭菜園
コンビニは車で2時間
21時には町が真っ暗で星が綺麗。。

それが田舎の定義!
みたいに思っている方は多いのではないでしょうか?

確かにそういう環境もあります。

良いところが多いですね~。^^; 笑

でも、それだけが田舎というわけではありません。

特に、伊豆半島は違います。 スーパーもコンビニも、ホームセンターなんかもあります!正直困らないです。

どうして伊豆半島は田舎過ぎないの?

その理由は簡単です。

伊豆半島は、基本観光地だから

です。

伊豆旅
【まとめ】1泊2日の伊豆まるごとツアーで大満足!【現地に住む隊員が全部伝えます】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は、先週開催された【伊豆まるごとツアー】のご報告をさせていただきま...
伊豆旅見よ!これがユネスコ世界ジオパークの観光資源だ!堂ヶ島

今でこそ数はかなり減ってしまいましたが、
どんな僻地にある地区でも必ず
「民宿」の看板があります。

こんなところに道が!と思って探検してみても、
その先には民宿があるので、
かつてはそれだけお客さんが
来ていたんだな~とびっくりします。

本当に贅沢な土地柄です。 伊豆半島。

  • 基本的に海めちゃキレイ!
  • 温泉?掘ったら出ちゃうよね!
  • 冬になってもぬくぬく!雪なんて全然見ないよ!
  • あ、でも天城の山の方は良い感じで雪解けだね!
  • だから水はキレイだよね!

わかりますか?
この環境は数万年前から当たり前にあるんです。笑

現在のように観光地化されたのは
バブルのころと言われていますが、
海運交通が盛んだった江戸時代ごろも
「伊豆ボケ」するほどのおもてなしがある観光地
という認識だったそうです。

観光地だからこそのメリットがたくさん!

何も資源がない田舎と違って
昔から観光地化していた伊豆半島。
そんな場所では、

  • 夏になればそれなりにお客さんは来る!
  • お金が落ちる!
  • 商売ができる!
  • 道路や電車が通る!

という条件が揃っています。
ですから、確かに人は減ってはいますが、
そこまで不便な環境には陥りません。

お客さんが来るのであれば、
お金が落ちますし、
それを獲得するために
大手のコンビニさんやインフラ整備が進むのです。

生活者としてはそこに便乗できるので
生活の不便さが黙っていても
解消されていくんですね。

大手の業者さんたちの需要から、
インターネット回線は光が開通し、
荷物の集荷も毎日あるので、
インターネットで買い物を済ませれば
大抵の欲しいものは購入できます。

郵送料は少し高いかもしれませんが、
ネット通販は伊豆のような
地方を確実に便利にしている
のです。



ちょうどいい田舎はいいけど、無いものもあるの?

あんまりメリットばかりをあげても
説得力がないかもしれませんので、
デメリットについてもちゃんと解説します。

住んでいるからこそわかった現地の本音をお伝えします!

ショッピングセンターがない

週末はイオンモールでお買い物!
というようなことはできません
ね。。

松崎町からですと、
最寄が車で1.5時間の
サントムーン柿田川」さんになります。

映画館も併設されているので、
家族で行っても時間はつぶせます!
駐車場もたくさんありますよ。
▶サントムーン柿田川さんはこちら!◀

往復3時間となると
ちょっと毎週はめんどうですね。
ただ慣れてしまえば特に気にはならないです。

歩いて行けるところが少ない

コンビニ・スーパーがあるとは言っても、
家から歩いてすぐ!という条件は少ない
です。

基本的には車で行くことが前提になります。
車で10分って歩くとけっこう面倒ですよね。。

歩きやバスで電車の駅まで行って、
そこからアクセスするという方法もとれない
ので本当に車を多用することになります。

家族の人数車があれば困りませんが、
1台しかないと思いの他予定が被る。。
そうなると選択肢が減ってしまいます。

カフェが少ない

「ちょっとお茶でも!」というスペースがありません。

スタバ、ドトール、マクドナルド、、
案外ああいう空間が便利だった
ことに気付きました。

打ち合わせ時間に早めについたので少し!とか、
とりあえず少し座ってお話しましょう!
みたいなことをするスペースを探すのに苦労します。

東伊豆町稲取の二拠点生活東伊豆町稲取なら海の見えるEASTDOCKがおススメ!

会議であれば、公共機関の会議室等を
使える可能性がありますが、
要予約だったりするので、
自由には使えない感じがあります。

それに、なんとなく雰囲気が
落ち着かないですよね。笑

女性の皆さんはカフェでおしゃべり
が安定コースだと思うのですが、
それができないのはけっこう悩みのようです。

車ででかければけっこう凝った
お店があるのですが、、

もうちょっとふらっと立ち寄れる
ファミレスみたいな場所があると良いですよね。

静岡県の伊豆のイロドリのirodori
【伊豆カフェ】伊豆のおしゃれに押しつぶされよう♪#01こんにちは!伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日はいつもと違ってオシャレ路線!!^^; (←絶対無理だろ。。) インス...
カフェ座禅石
【伊豆カフェ】伊豆のおしゃれに押しつぶされよう♪#03こんにちは!伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日は春らしくおしゃれ投稿♪♪ 、、なんてガラじゃないのでめっちゃ筆が進ま...

雨の日にめんどう

基本的に車社会であることから
車さえあれば雨も気になりませんが、
それがないと雨の日に苦戦します。

自転車は大変ですし、
歩いていくとかなりの距離。。

そしてバスは時間が限定されてしまう
うえにバス停が少ないです。

晴耕雨読の生活ができると
一番良いのかもしれませんが。。
そうもいかないですよね。

デメリット総括

一番大きいのは、

車社会である

ことですね。
それに対応できる方は強いですが、
それができないと正直おススメできません。

あと間違いないのが、
東京で当たり前だったことが
当たり前ではなくなります。

ショッピングモールやカフェに
ふらっと立ち寄る、みたいなことですね。
そこに最初めんどうだな、、と感じる方も
いらっしゃるようですが、
けっこう慣れればなんともないですよ!^^

そして何より、
自分に必要最低限のものってなんだろう?と
考えると、必要ないっちゃ必要ないものです。

そして、どうしても必要だなーと思ったら
インターネット通販、あるいは
サントムーン柿田川さんあたりまで
出かければ基本的に手に入ります。

それでもどうしても!ということであれば、
東海道新幹線を使えば三島駅から1時間程度です。
(私は車で3.5時間かけて東京まで出ちゃいますが笑)

ちょうどいい田舎で自分に必要なものを考えてみよう

【住めば都】

という言葉に代表されるように、
住んでみるとなんとかなっちゃうものです。

いや、伊豆半島ぐらいの田舎さだと
なんとかなります。
田舎と言っても程度の差があるんですね。

それに、コンビニひとつあれば
死ぬようなことはありませんし、
インターネット環境が整ってくると
実は楽々生活できちゃいます。

私はいつも皆さんにお伝えしているのですが、

生活に必要なものは揃うけど
余計なものがないという点で
一番ちょうどいい田舎なのが伊豆半島だ

と思っています。

離島のように、天候に大きく
左右されることなく東京や幹線沿いに
アクセスできますから、
今週末ちょっと買い物に行こうかな
ぐらいの気分で出かけられます。

そういう生活をしていると、
案外たまに行くことが楽しみになって
逆に面白がれるぐらいです!

近くにありすぎると飽きちゃいますからね。

是非この機会に伊豆でのライフスタイルも導入してみませんか?

寺田健悟てらけん伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住して地域で生活している人間たちなので、地域での生活情報は負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん



ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です