アイデア箱

【現地から注意喚起】移住の幻想にのまれてしまわないように【人生は冷静に】

移住

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

皆さんはこんな取り組みがあるのをご存知ですか?

その名も【移住者マップ】!!

様々な移住体験がわかりやすくまとめられています!
是非一度ご覧ください!

「こりゃすげぇ!!」
と思う一方で、
「あ、ちょっと待てよ、、」
という現地からの意見をお届けしたくなったので
今日はその点について深掘りしていきたいと思います。

こんな方におすすめ!
  1. 移住したいと思っている
  2. いつかは自然豊かな環境でと考えている
  3. 正直今の環境は嫌だ



移住の幻想にのまれてしまわないように

先ほどの移住者マップ、
なんと4,000人もの体験談
掲載されているようです! ^^

これなら情報の確度も高そうです。
是非ご覧ください!

ただし!

体験談はあくまで
体験談だからね!

ということを強調しておきたいと思います。

体験談を参考にすることは素晴らしい

何事においても
過去の先輩方の取り組みを
参考にすることは必要です。

  • うまくいったこと、いかなかったこと
  • 実はこんなことがある
  • こうしておけば良かった

私もそういう経験があったからこそ、
こうして記事に残しています。

例えばこんな記事がありますので
お手すきの際にご覧ください。

伊豆の田舎暮らし
【まとめ】脱社畜!伊豆の田舎暮らしのススメ10選【仲間になりませんか?】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日も快晴の伊豆はたくさんの観光客の皆様で賑わっています。 夏の...

移住だけでなく、
スポーツ、勉強、仕事、
何においても同じですよね。

中でも「移住」という選択は
人生においても大きな決断の内のひとつだと
思いますので、
是非慎重に体験談をご覧ください。

一方で、あくまで体験談だ

参考にするのはとても良いですが、

同じようにすれば
同じようにできる

というのは大きな勘違いです。

このあたりはきっと
勉強で参考書や問題集を解くのとは
大きく違うところでしょう。

あの人がこう言ってたからな

危ないです。

端的に言ってしまうと、
移住した先での暮らしは
千差万別。

松崎町という小さな地域に
移住された方ですら、
生活は全然違うのです。

だから、参考にするまでは良いですが、
鵜呑みにしてはいけません。

これを初めにお伝えしておきます。

ファッション雑誌のように読むのが良い

じゃあ真面目に読む必要もないのか。。?

というと、
もちろんそうではありません!

イメージとしては、

ファッション雑誌で
スタイルの良いモデルさんが
オシャレな洋服を着ている

のを見る感じがちょうど良いと思います。笑

それを見て、
「こうなりたい!」
とは思っても、
自分に合うスタイルかどうかは
わからないですよね?

モデルさんたちは、
日々自分のスタイルを意識して努力し、
一級のメイクさんや編集者さんによって
カッコ良く見えるのです。

ある意味それはフィクション。

仕事としてやっているし、
誰もがそうなれるか?と
言われたらそうではないはずです。

そして、別にファッション雑誌に
載っている服装だけが
オシャレというわけでもなく、
自分の好きなコーディネートで
生活すれば良いのです。

ブランド物ばかりでお金もかかっちゃいますしね。

例えばワンポイントで
ファッションを真似するぐらいは
とてもちょうど良いでしょう。

移住者体験談というのも同じで、
「あ!ここは良いな!」
と感じた部分ぐらいを取り入れる
ような意識でいるようにしましょう。

取り上げられているのは
みんな一般人のようで、
モデルさんたち!

そう思うと少し私が
「鵜呑みにしちゃいけないよ!」
と言うのもご理解いただけるのではないでしょうか?



あなたに合った移住を探そう!

移住者体験談を鵜呑みにしてはいけない
ことをお伝えしたところで、

「じゃあ、
移住したいなあという人は
どうしたら良いのだろうか」

というところを考えていきたいと思います。

自分の理想に近いものを探そう

このままだと
「移住者マップなんて別にいらないじゃないか!」
とも言われかねないので少し補足します。笑

移住者マップの情報は素晴らしいです。
なぜなら、
たくさんの情報の中から類推できる
からです。

  • 自分はどんな移住がしたいんだろう?
  • 今の暮らしは嫌だけど、どれが良いかはわからない
  • 世の中の移住者ってどんな感じなの?

実はその辺りの移住者の実像が
そこまで浸透していない
というのが正直なところだと思います。

漠然と、
「今のままじゃこの先ヤバそう!」
ということを感じておられるだけの方も多いはずです。

そういうときは、

たくさんの実例をあたり、
自分のイメージに近いものを
とにかく集めてみる

これがとっても有効です。

例えば移住者の一例でいえば、
私たち「地域おこし協力隊」
があります。

もし、

地域おこし協力隊ってなんなん?

と言われたら、

総務省の制度で
全国に5,000人いて
今10年ぐらい運用されていて
住民票をうつして。。

と言われるより、
「実際の人たち見てみて!」
の方がわかりやすいはずです。

こちらの記事にまとめておりますので
是非ご覧ください。

地域おこし協力隊
【現役隊員が解説】そもそも地域おこし協力隊とは?【経験から話します】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 当ブログの中では当たり前のようにお話していますが、 そもそも...

こうした実例の中から、
自分のイメージに近いものを探す
方がかなり近道です。

そして、それをすることで
今まで漠然としていた自分の考えが
具体的になっていきます。

移住者マップを通じて、
そのように自分の考えをブラッシュアップしておく
というのは第一ステップとして重要になってきます。

どんな選択肢・地域があるのか知ろう

アメリカや中国に比べれば
国土面積が狭いというものの、
日本の47都道府県は
けっこう広いです。

日本人に生まれた方でも
47都道府県全てに詳しい!
なんて方はいないのではないでしょうか?

今はインフラもインターネットもつながり、
日本全国に基本的にはアクセスできるように
なりました。

その中であなたが知っている地域の情報なんて、
ごく限られたものである
ということをまず認識しておいた方が良いです。

一口に「移住者」と言っても、
すでに全国にたくさんの移住経験者がおり、
その数だけ「移住者を受け入れている地域」
があります。

私はこの地域が好きなの!

という人も素晴らしいのですが、
情報としては全国各地を見ておいて
損はないと思います。

移住=田舎に行く

みたいな一般イメージがあるかもしれませんが、
場所や条件を選べば
もっと柔軟に暮らしを選択できると思います。

こちらの記事でも記載していますが、

静岡県の伊豆半島の松崎町の場所
【暮らし方を考える】機能的田舎暮らし!静岡スタイルのオススメポイントを語ります【しぞ~か行こう】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは静岡県についてどんな印象をお持ちでしょうか?^^ 私...

移住先を選ぶのであれば、静岡県内だけでも

  • 三島市
  • 浜松市
  • 静岡市
  • 松崎町

この4つで
かなり生活スタイルが違います。

三島なら東京へのアクセスが楽ですし、
浜松なら名古屋が楽です。

静岡なら大きい百貨店がありますし、
松崎はそもそも電車すらありません。

どこにどう暮らすか?
でそれぞれの解は変わってくるはずです。

静岡県だけでもこれだけ差があるのですから、
全国単位で比べればもっと選択肢がある
ことが容易に想像できるはずです。

そこをいろいろ比べてみるのも
良いのではないでしょうか?

ひとまず行ってみよう!

実はこれが一番大切です!

地域に入ろう
【失敗を事前に防ぐ】地域おこし協力隊になる前に地域に入っちゃおう!【大募集中です】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは「地域おこし協力隊」と聞くとどんな印象があるでしょうか? ...

こちらの記事では
地域おこし協力隊になる人向けに
というタイトルで書いていますが、
移住希望の方でも基本伝えたいことは同じです。

ざっくり言うと、

とりあえず旅行でいいから、
行って・見て・聞いてみなよ!

こういうことです。

会って話すことで伝わることは
たくさんあります。

あるいは、
行ってみたことで決断できた
ということもあります。

う~ん、良いと思うのだけど、ここはどうなのかな。。
だいたい決まっているんだけど、なんとなく不安があって。。

そんな方が多いのも事実です。
あなただけじゃないですよ!
ご安心ください。

その意味でも、
いろいろな体験談が出てくる
というのは自然な流れなんです。

みんな不安があった時期があって
「こういう体験談があったらなぁ、、」
と思ったからこそ体験談を載せる。

そして、その体験談を受け取った方は
安心する。

でも最終的に本当に納得するためには、
行ってみる、さらには会ってみる
ということが大きかったりします。

所詮国内であれば、
1泊2日もあれば
時間は十分でしょう。

是非その一歩を踏み出していただきたいです。

私たちもお待ちしております!

ちなみに。。

もちろん一番のオススメ移住先は
伊豆です!!! 

伊豆の田舎暮らし
【まとめ】脱社畜!伊豆の田舎暮らしのススメ10選【仲間になりませんか?】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日も快晴の伊豆はたくさんの観光客の皆様で賑わっています。 夏の...

完全に番宣になりますが、
もし必要でしたらいつでもお声がけください!

寺田健悟てらけん伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん



ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です