アイデア箱

【地方創生】3日で800人超のオープンチャットから学んだこと【荒れない方法】

木下斉のオープンチャット

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

皆さんはLINEさんの新サービス、
「オープンチャット」を
どれぐらい活用していますか?

私は試運転期間から運用を始め、
自分のトークルームだけでなく
人気の他のルームにも参加してみました。

その結果わかった運用方法の
ノウハウを共有したいと思います。

こんな方におすすめ!

  1. オープンチャットの使い方がわからない
  2. トークルームを作ったが荒れている
  3. オープンチャットにメリットを感じない

3日で800人超のオープンチャットから学んだこと

稼ぐまち駆け込み寺はこちらから!

今月から始まったオープンチャット。

課題もたくさんありますが、

使い方を工夫すれば
とっても良いツールです!

具体的な例からお話します。

LINEは連絡ツールだった

今までのLINEだと、
基本的に1つの電話番号に対して
1つのアカウントしか設定できず、
多くの方はアカウントを1つしか
持つことができませんでした。

だからこそ、つながりを広げるというよりも
個人間で連絡を取り合うためのツール
と言った意味合いが強かったと思います。

会社でも使うから本名で登録しようかな

変な人から電話がかかってきたら嫌だわ

私も家族や友人との連絡用として
LINEを使用していることが多かったので、
Twitterアカウントのように
公開していることはありませんでした。

携帯の個人番号をむやみに公開するか?
といったらそれはしないですもんね。

オープンチャットは匿名のLINE!

そんな従来のLINEに対して、
オープンチャットでは
それぞれの場所ごとに
名前を設定することが可能になりました!

あだ名やペンネームでも
チャットができるように!

個人が特定されることはありませんし、
突然知らない人から
電話がかかってくることもありません。

この点は安心感がありますね。

さらには、
「OOファン倶楽部」のように
自分の特定の趣味について
他人の目を気にせず語りたい!
みたいなときにも有効です。

その他に想定されていたのは、
学校のクラスの連絡網で、
「OOくんママ」のように
いつもの関係性で個人を特定できる
こともメリットにあげられていました。

確かに本名でこられると
逆にわかりにくいときもありますよね。

業務用で採用するなら、
「OO@△会社□部」
のようにすれば立ち位置がハッキリしそうです。

ぶっちゃけどんな感じ?

具体的に私が設定した
トークルームがこちらです!

まだまだフル活用!とは
言い難いですが、ボチボチ運用しています。

参加も退出も自由なので、
お気軽にご覧ください。

OpenChat
【LINE】OpenChatニックネームで魅力を語ろう!【静岡人会、あります!】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は皆様にお誘いがあり、急遽投稿を作成しました! ^^ 是...

お会いしたこともない方々と
「ただ静岡県に縁がある!」
というだけでつながれるのは
なかなか面白いですね!

リリース初期。トークが荒れていた。。

素晴らしい機能だ!と直観的に感じ
参加したオープンチャットでしたが、

残念ながら初期の段階では
荒れているケースの方がよく見られました。。

とても残念でしたが、
それも事実なので振り返ります。

規模が大きくなると収拾がつかない

トークルームは1人の管理者が
始めるものなので、

よーし!こんなことをみんなで語ると面白いだろう!

と思ってチャットが始まります。

最初はボチボチ参加者が増えていって、
「よろしくお願いします!」
「登録ありがとうございます!」
なんていうやりとりも多いのですが、
それが100人を超えてくると
やりきれません。

管理者も専任のマネージャーではないので、
本業の時間を削ってまで対応はできないでしょう。

私もとりあえず参加してみたものの、
気付けば100件を超える未読がたまっている
ことが続き、最終的には退出してしまいました。。

荒らしが発生する

これが非常に困る事態だったのですが、
規模が大きくなると

  • 突然文脈なく投稿する人
  • スタンプを連打する人
  • 他人を攻撃するようなことをいう人

こんな人たちが参入し始めます。

ある程度は予想していたのですが、
Twitterのクソリプみたいな
内容が飛び交うようになります。

Twitterよりスタンプは
投稿方法が簡単なので、
けっこう悪化している印象がありましたね。。

勉強のためにと思って我慢しておりましたが、
もう最近はそのようなやりとりが続くトークからは
退出しました。

本当にヒドイものです。

管理者も強制退出をさせたり
通報したりと対応している様子でしたが、
何しろ次から次へと愉快犯が現れるので
自主的にトークを削除する方もおられました。

妥当な判断ではないかなと思います。

800人超えても荒れていない稼ぐまち駆け込み寺!

そんなトークルームが多い中、
たった3日間で800人が参加するという
チャットが爆誕!

しかも荒れずに有意義な議論が続く!^^

その要因を考察してみます。

参加者の傾向が似ている

地方創生分野で「狂犬」とも呼ばれる
木下斉さん。
歯に衣着せぬ発言がよく注目されます。笑

そんな方が始めたオープンチャットが
「稼ぐまち駆け込み寺」。

名前からもわかる通り、
実践的なまちづくりについて議論をしていく場です。

そして、まちづくりの議論は
各所で行われていますが、
「わざわざ木下さんの下に集まる」
という時点でかなり立場が明確になってきます。

生ぬるい議論ではなく
ガチで取り組むんだ!!

そんな熱量の高い方が多いようです。

あるいは、そういう熱量があっても
地方ではなかなかうまくいかない人たち。
現状に満足していない人たち、と
いったところでしょうか。

言い出しっぺのキャラクターが明確だと良い

数あるオープンチャットの中でも、
どうしてそんな風に傾向が似た人が集まったのか?

それはズバリ、

木下斉さんのキャラクターが確立しており、
さらにそのスタンスが浸透していたから

これに尽きると思います。

今までにもすでに何冊も本を出版され、
メディアでも発言をされています。

地方創生といったらこの人!

と言っても過言ではないでしょう。

それと同時に有名なのが
その狂犬ぶり。

Twitterを拝見しているとよくわかるのですが、
いつ何時もバッサリと切り込んでいきます。

その姿は実に爽快!^^

ファンはその切り込み隊長の
勇ましさに魅了されていることでしょう。
かくいう私もその一人です。

そのキャラクターにひき寄せられた人たちが
似た傾向をもつ、というのも矛盾していないと思います。

テーマが真面目な内容だと良い

趣味やエンターテイメント系の
話題が多かったオープンチャットでしたが、
今回のトークテーマは
ゴリゴリの社会課題。

あまり大衆向けではないと言えるかと思いますが、
それが逆にちょうど良かったようです。

軽いノリでは参加しにくいな。。

そのイメージが良いフィルターになっていたようです。

大人な人たちが集まってそう?みたいな
イメージがあると荒らし犯も避けたくなるのでしょうか。
800人参加していてこの状況はすごいなと思います。

管理者が
「木下斉さん」という有名人であった
ということもどこかフィルターに
なっているのかもしれません。

実践家同士の議論が面白い!

悪ノリで投稿するような人が少ない上に、
木下さんを尊敬している人たちは
クチだけではない実践家の人たちが多いようです。

毎日課される課題への回答の
密度が高い!

各自の経験や知見がつまっているので、
下手に本を見たりするより濃い情報が上がってきます。

是非これから地方に関わろう
という人たちに見ていただきたい議論ですね。

そして、
「こういう人たちが頑張っているなら
自分も行動しなきゃ!」
モチベーションアップにもなります。

普段地方で地域おこし協力隊として
活動していても孤軍奮闘みたいなことは多いですが、

このトークルームを見ると800人!!

これはとっても頼もしいですよね!
今お悩みの皆さんも是非こちらの
トークルームに参加してみませんか?

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です