田舎で暮らして気づけたこと

【暮らし改革】地方で自分なりの幸せを見つけよう!【自由を見つけよう】

幸せ

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

今日は「幸せってなんだろう?」
という何とも哲学的なテーマを
考えていきたいと思います。

こちらはいただいたお題!

とはいえ、私も地方で暮らす中で
いろいろと「幸せってなんだろう?」
と思う機会が多かったので
良いタイミングでした。

こんな方におすすめ!

  1. 幸せになりたい
  2. 幸せってそもそもなんなんだ
  3. 今の状況は幸せではないと思う

【暮らし改革】地方で自分なりの幸せを見つけよう!

皆さんは今、幸せですか?

ってちょっと宗教の勧誘みたいですね。笑
いろいろな考え方があると思いますが、
私が思う幸せは、

自由さがあることに
比例する

と考えています。

てらけんが最も幸せだった瞬間

「幸せってなんだろう?」
というお題をいただいたときに、
まずは自分が幸せだった瞬間を
振り返ってみることにしました。

そして思い浮かんだのがこちら。

学生時代の仙台⇔富士原付旅+バルセロナ遠征
でした。笑

(約7年前。。恥ずかしい過去です^^;)

思えば無茶な旅でしたが、
人生最高の旅だった
自信を持って言えると思います。

何も決めず
思い立ったところで止まる

そんな楽しさがなぜか無性に幸せでした。

幸せとは自由ではないか

この時の自分は何が特別だったんだろうか
と考えてみると、
確かにバルセロナに行くとか
貴重な経験もありましたが、

それよりとにかく自由だった

ことが大きいんじゃないかなと思いました。

航空券とバルセロナ滞在中の宿泊先だけ
はさすがに決めていきましたが、
その他の工程は白紙。

どこでどれだけ滞在しても良いし、
好きな場所なら何回行っても良い。

全ては自分の気分次第。

そんな環境にいられる自分の状況が
すごく幸せだったんじゃないかなと
今思い出してもそう思います。

自由ってなんだ?

なんかさらに宗教っぽくなってきましたね。笑

これについては
とても面白い考察があります。

こちらの回で

何かの制約から
離れることが自由

とコメントされています。
そしてもう一つ面白い考察が。

安心・安全・便利・快適
を自由と勘違いしている

この違いがわかるでしょうか。
私はこれを聞いてかなりスッときました。

何も起きない
いつもと同じ景色がある
というのは自由ではないのです。

日本で暮らしていると
治安も良く食べ物も安全で
すごく自由な気がします。

しかし、実はそれは
本当の自由を享受できているわけではない
のです。

本当の自由。
それは何かの制約から離れること。

自分の責任で
今の場所とは違う範囲に飛び出すこと

なのです。

地方で再発見した幸せ

幸せのヒントが自由さにありそうだ、
というところを
少しご理解いただけたでしょうか。

その上でここからは
地方にそのカギがありそうだ
ということを考えていきたいと思います。

東京は行き先も自由に選べない

電車でどこでも行けるじゃん!

という方も多いかもしれません。
確かにおっしゃる通りです。

でも、電車は
駅があるところにしか行けない
ですよね。

そして、駅ができるとそこに
まちができて人が集まっていきます。

それはすごく人工的なものです。

あるいは、
「ここに人を集めよう」
という誰かエライ人の意図が
反映されて電車の駅ができ、
まちができます。

つまり、電車の沿線って
誰かの意図をなぞっているようなもの
だと思うのです。

ん~なんか自由じゃない。。

個人的な意見ですけどね。

あとは電車のダイヤに
振り回されるのも嫌ですね。。

地方は余白がたくさんある

松崎町に暮らして2年以上になるので、
その間たくさんの場所を探検しました。

伊豆旅
【まとめ】1泊2日の伊豆まるごとツアーで大満足!【現地に住む隊員が全部伝えます】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は、先週開催された【伊豆まるごとツアー】のご報告をさせていただきま...

こんなツアーも実施できるようになりました。笑

ガイドブックにもあまり
載っていないような場所を
巡るワクワク感は楽しいですね。

こんな大自然の猛威を感じるような
場所もありました。

この吉田地区、
けっこうな山道を越えなければいけないので、
通常たどり着かないと思います。

でも、山に囲まれた秘境感が
なんかこう冒険心をくすぐる雰囲気です。

伊豆人
松崎町民による松崎町民のための伊豆旅!?こんにちは!伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日はなんと嬉しいご報告!!^^ 【ゆる募】していた伊豆旅仲間第一号が誕生...

伊豆旅のご紹介ということで
こちらの記事でも取り扱っていますので
是非ご覧ください。

こうやってルートを
いかようにもアレンジできるのは
地方の良さだと思いますね。

天候によっても全然見える景色が違う。

今でもそういうところにワクワクします。

でも地方の方がしがらみがあるって言わない?

よくそんな声を聞きますよね。
それもまた然りです。

未来のために今伝えたいコト
【まとめ】地方の未来のために今伝えたい!こと10選【見て見ぬふりをしないで】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 当ブログの中では、 皆さんがあまり気づいていないかもしれないが、 実は...

こちらの記事の中では
そんなしがらみから生じる諸問題について、
現地で2年以上活動した私だからこそ
感じた部分をまとめました。

賛否両論はあるかと思いますが、
1つの見方として考えてみて
もらえるとありがたいなと思います。

総じて言うと、
しがらみがないと言ったらウソになる
と思います。

雰囲気的な不自由さ、
さらには、
車なら自由に移動できる
というのもけっこう無理がある側面もあります。

車に乗ることができなかったり、
自由に乗れる車がなければ
むしろ東京より不自由になってしまいます。

重要なのは自分の責任で行動できるかだ

上記のものはご指摘の通りです。

でも、ここにこそポイントがあります。

地方には、
しがらみや物理的な制約はあります。

しかし、それを乗り越えたときに
広がる自由度こそ重要なのです。

例えば車に乗れるかどうか。

車に乗るスキルを獲得し、
車というツールを手に入れる。

ここまでは自分の責任。
そしてそれを果たすことは
自由のためのステップなのです。

そこで自由がない、
と評価してしまうことは
「安心・安全・便利・快適が自由」
という誤解の理論に基づいています。

ないことが不自由ではなく、
もしその先に自由があるとわかれば
それを獲得して自由になるのだ

なんとなくこんな感じですかね?^^;

そして、
そこにある自由を感じた瞬間に勝る幸せは
ないんじゃないか。
というのが私の幸せ感ですね。

ん~ちょっと複雑でしょうか。

つまり、それなりには準備が必要で、
でもその先にどれぐらいの自由を獲得できるか。

その観点に立った時、
地方は東京より強いのです。

  • 資源はある
  • 知られていない情報がたくさんある
  • 競争が熾烈すぎない

具体的な事例についてはこちらの記事の中でも
ご紹介しています。

伊豆の田舎暮らし
【まとめ】脱社畜!伊豆の田舎暮らしのススメ10選【仲間になりませんか?】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日も快晴の伊豆はたくさんの観光客の皆様で賑わっています。 夏の観光が...

ざっくり言うと、
社会のインフラはそれなりに整備されているのに、
人は少なくなっていく。

その間にできた余白を活用できる人は、
ものすごく自由を享受できる。

そんなイメージです。

もしそういったことに興味がある方は、
お声がけいただけたらと思います。

記事を書いていて、
まだまだ自分にも地方の自由さは分かっていないな
と感じました。

また続編として書き起こしていきたいと思います。

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です