インタビュー

西伊豆町地域おこし協力隊_鷹野純也

西伊豆町の地域おこし協力隊の鷹野純也

攻略法を見つける楽しみを

西伊豆町地域おこし協力隊の鷹野純也さんのプロフィール

2018年5月より西伊豆町地域おこし協力隊として活動。神奈川県横浜市出身。西伊豆町観光協会に所属し、協会内の仕事をお手伝い。前職でITエンジニアをやっていたキャリアを活かし、主にWEBサイトの運営やSNS管理を特にサポートをしている。趣味は釣り。休みの日は必ずと言っていいほど釣りにでかけているそう。



環境を変えることで変わったワークライフバランス

西伊豆町の魅力ってなんですか?

釣り好きにはもうたまらない環境ですよ。西伊豆町だけでなく、沼津、松崎、南伊豆、伊豆半島の東側だってここに拠点を構えていればすぐ行けちゃいます。東京にいたころは前泊して行かなければならなかったところが今では徒歩5分笑!ビールを飲みながら待つこともできますし、早朝をねらうときなんかはおでんを持ち込んで暖をとりながらなんてこともできるので、全てが楽しくできちゃっていますね。

西伊豆町の地域おこし協力隊の鷹野純也

自然相手だと全くこちらの思い通りにならなくて、同じ場所同じ時間に行ってみてもうまくいったりいかなかったり。それを自分なりの方法で攻略していく、厳密には攻略している気になっているだけなんですけど、その瞬間がたまらないんですよね。ちょっとした磯場なんかも他の釣り場にはない魅力があると思います。

実際に地域に入ってみて気づいたことは何ですか?

今までは往復3時間かけて通勤していたのが、今は片道10分とか。それだけでも生活が大きく変わりましたよね。朝7時に家を出て、夜0時に帰ってくるみたいな暮らしからすれば、今はほとんど残業もないし、たまに夜までのイベントの片付け等をやっていても23時には家に着いてる。釣りをすることは前から変わらないんですが、その時間を自由に選べるようになったので楽しみは格段に増えました。

西伊豆町の地域おこし協力隊の鷹野純也

以前はどちらかというとサーバの運用・構築関係の業務をやっていたので、エンジニアといってもだいぶ方向性は変わりましたね。西伊豆のような小さい地域だとなかなかWEBサイトやSNSを運用できる人材がいないので、その部分を自分が担っています。せっかく構築までは手をつけたのに、全然活用されていないものが多かったので、それを活かしていくことは自分のスキルを有効に使えるし、地元の人たちにも喜ばれているんじゃないかなと思っています。

西伊豆の方々はゆったりした方が多いですね笑。以前はいわゆるIT関連の一般企業だったのですぐに結果を求められるのが当たり前だったわけですけど、今は良い意味でそれがない。たまに困る時もありますが、それはみんなでペースをつくっていく方が良いのだと思っています。

まだまだ工夫しなければいけないことがたくさんある

地域のこれからについてどう考えていますか?

西伊豆町は観光業が町の産業を支えているのですが、3・11の震災前後で比べるとお客さんを取り戻せていません。このあたりだと下田がV字回復を見せ奮闘しましたが、他はほぼ右肩下がりです。それは仕方ないことではなくて、何か下田は工夫をしていてこっちはまだ足りない証拠。その辺の危機感を客観的に分析して訴求していくのも僕のミッションじゃないかなと思っています。地元の人たちは自分の地域のことをよく知っていますが、他の地域の当たり前を全然知らなかったりするので、外部としての視点をうまくこの地域に落とし込めていければ西伊豆町はもっと盛り上がっていくと思います。

西伊豆町の地域おこし協力隊の鷹野純也と堂ヶ島食堂の鈴木洋史

僕が西伊豆町に来るきっかけをつくってくれた堂ヶ島食堂の洋史さんを中心に、西伊豆町には若手で元気のある方がたくさんいらっしゃいます。高齢化や過疎化といったネガティブな要素ばかりがトピックになりがちですが、西伊豆が勢いづいているのを肌で感じているので大きな不安はありません。是非一度西伊豆に来ていただき、ファンになってもらえたらと思います。

インタビューを通じて(寺田)

まだ一年目にも関わらず、積極的にイベントのお手伝いに参加することですでに地元の人たちにとけ込んでいる鷹野さん。松崎町のイベントも支援していただき大変お世話になっております!

西伊豆町松崎町合同の伊豆キャンドルフェスも実はすでに開催しており、行政地区を超えた連携が模索されています。伊豆半島西海岸の資源をもっと積極的に活用していくためには各地域が独立した小さいシステムを持っているよりネットワークを活用する方が良いんです。これからもどんどん挑戦していきますので是非一度お立ち寄りください!

西伊豆町の堂ヶ島で開催された伊豆キャンドルフェス

西伊豆町地域おこし協力隊_鷹野純也さんのご連絡先

・まちづくり課企画調整係 TEL:0558-52-1966 mail:kikaku@town.nishiizu.shizuoka.jp
・本人連絡先  mail: jtakano1234@gmail.com  facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100023106606582





ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です