移住の前に知ってほしいこと

【田舎暮らしの本音】正直移住で子育ては厳しいよね。。【工夫が必要】

田舎子育ての現実は難しい

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

最近は

田舎でのびのびと子育てをしてみたい!

なんていう若い世代も増えてきました。

実際にそんな生活を選択した人の体験談や
オシャレなファッション雑誌でも
そのライフスタイルが紹介されて
注目が集まっています。

でも実際どうなんだろう。。?

そんな方も多いはずです。
実際に田舎暮らしを2年半してみた
私なりの見解を書いていきます。
(ちなみに子育てはしてません)

こんな方におすすめ!

  1. 田舎で子育てをしてみたい
  2. 都会の子育ては窮屈だ
  3. 田舎の子育てに不安がある

正直移住で子育ては厳しいよね。。

めでたく結婚! 子育て!

、、してみたものの、
電車では周りの視線が冷たいし
自由に出歩くのも大変。。

田舎なら静かで自由そう。。!?

なんていうそこのあなた!
ちょっと注意です!

田舎に移住してきても
不利な面はけっこうあります。

冷静に判断しましょう。

気持ちはわかるし英断だと思う

私自身、地方で生まれ育ったので、
東京での子育てを見ていると
「これちょっとどうかなあ、、」
と思うことは多かったです。

  • 満員電車の中にベビーカー
  • それをあからさまに嫌う乗客
  • 人が多い場所で泣いてしまったときの不寛容さ

私は正直子どもがそこまで
嫌いではないので、
気にならないのですが
人によってはかなり冷たい人も多いですよね。

あれだけ人がいれば当然です。

しかも、歩き+電車、バスが
移動の基本なので、
親御さんの負担はかなり大きいです。

地方なら車で買い物楽々!

この点においては地方に軍配が
あがるのではないかと思います。

あとは遊ぶ場所の少なさ!

子どもたちがコンクリートの校庭で
遊んでいたのを見た時は
衝撃でした。。

危ないし狭いじゃぁん。。

他にもあげたらキリがないのですが、
やはり窮屈さは否めないなあ
と思っています。

私も根っからの田舎者ですから。笑

しかし!田舎暮らしの情報は偏っている!

こちらの記事でも書きましたが、

【地域メディアの闇】移住定住の情報は偏っている!?構造を考察してみた【結局、補助金】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 最近よく、 と叫ぶ情報をたくさん目にしませんか? あれって実は...

最近の田舎暮らしに関する情報は
けっこう偏りがあります。

おそらくは、
「東京から地方に人口を移動させたい」
というバイアスが根底にあって
それを推奨する情報が
流れていると思うのですが、

実際には大変な部分も多いはずです。

そんなにキラキラした生活ばかりかい?
失敗した人って取材されなくない?
実は我慢してる人もいるんじゃない?

そういうものはメディアでは
取り上げられにくいです。

皆さんやっぱり「いいね!」が
つきそうな内容を見たいですもんね。
発信する側としては
皆さんが見たい情報をあげたくなるものです。

しかし!

それで移住・田舎暮らしが失敗してしまったら
取り返しがつかない。。

子どもたちへの影響だけでなく、
仕事、人間関係をイチからやり直す
というのは大変なことです。

そういうところまで
メディアが注目しているのだろうか。。

正直疑問がついてしまうと考えています。

やっぱりメディアの皆さんもお仕事。
良く売れる記事、読まれそうな内容を
書きたいのです。

少なくとも今は地方創生関係の予算が
けっこう世に出回っています。
地方移住を勧めるような事業立ち上げなら
補助金出すよ!という話が
あってもおかしくありません。

そうなるととにかく地方移住!
を謳うのも不自然ではないのです。

移住した後?
そこは自己責任になってしまっても
仕方ないのです。。

田舎で子育て、ここが難しい!

移住したい気持ちはわかる。。!
でも冷静に考えて。。!!

ここからは私が感じたデメリットを
具体的に書いていきます。

病院が少ない!遠い!

人口減少が著しい地方では、
病院も減少しています。

救急病院が近くにない地域
も多いはずです。

特にお子さんが小さいころは
ちょっとした体調の変化でも
不安になると思います。

私は幼稚園~小学生低学年ぐらいまで
小児喘息で夜苦しくなるときが
あったりしました。

母が車で救急病院まで送ってくれて
楽になったことも多々。。

ここだと大丈夫なのかなあ、、?

その不安を感じたことはあります。

元気であることに越したことはありませんが、
なかなかそうもいきません。

「遊んでいたら骨折した!」
なんていうときも近くに病院がない
のはちょっと不安でしょう。

わざわざ仕事を抜け出して
1時間以上かけて遠くの病院まで、、

そこをどう捉えるかは
精査した方が良さそうです。

習い事が少ない!遠い!

最近は子どもにたくさん
習い事をさせる方が増えていますね。

都内ではOO教室!が
多数運営されているのを拝見します。

Scratchを用いたプログラミング
プログラマーではない僕がプログラミングを教える理由。こんにちは!伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は、地域おこし協力隊として、地元の子どもたちにプログラミング教室をやって...

しかし、田舎は相対的に少ないです。。
人口が少ないので仕方ないですね。

あるいは、隣町まで参加されている
ご家族も多いようです。

私は小学生のころサッカーをやっていたり
しましたが、自転車で通える距離でした。

ところが、松崎町の場合は車で40分。。!!

親同士で順番にしたりして対応
しているようですが、
それでもなかなか大変です。

こちらも視野にいれておく必要があります。

進路の選択肢が少ない!

個人的にはここが一番気になります。

松崎町には小中学校・高校が各1校ずつ
しかありません。
さらに小中学校は2クラスが限界。
そのぐらいの人口規模です。

そうなると必然的に進路の選択肢も
少なくなってしまいます。

工業高校?
商業高校?
専門学校?

こういった選択肢がなく、
普通科一択です。

教育格差
【考えよう】日本の田舎における教育格差は深刻です【現場からお伝えします】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは、日本に「教育格差がある」と思ったことがありますか? 義務教...

進路の選択肢がない、
というのはとても大きなことです。

なぜなら、

人生を考える機会が少なくなってしまう

からです。

自分はどの学校に行くのかな、、?

それを一瞬でも考えるだけで意味は違います。
松崎町の場合はほぼ一択。
悩んでも二択、三択です。

東京に住んでいたとしたら
どうでしょうか?

卒業した先輩の話や
過去の進路状況も鑑みて選ぶこともできます。

田舎になりすぎてしまうと
そのチャンスを人口減少を理由に
奪われてしまうのです。

親御さんは子どもの将来を考えるなら
十分精査する必要があるでしょう。

よくある田舎子育て勘違い!

いかがでしょうか?

デメリットばかりを言いたいわけではない
のですが、実際にこういうことは
起こりえます。

それでも、田舎は暮らしやすいって聞いたよ??

そんな方のために、
よくある田舎暮らしパターンについて
冷静に考察していきます。

地域の人たちが面倒をみてくれる!?

これはけっこうよくある事例です。

実際に私の周りでも
「助かってる!」
という声を聞きます。

しかし! これも必ずではありません。

子どもが好きな人が近くにいればOK

でも子どもが好きじゃない人もいるよ!

当然ですがこういうことです。

さらには、面倒をみてもらう
というところまで関係性を築いていなければ
成り立ちません。

ほっといても勝手にやってくれる
ということではないのです。

田舎だって冷たい
【人間いろいろ】田舎の人は温かい?いや、人それぞれですよ!【冷たい人もいます】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日はよく聞く、 という誤解を深掘りしていきたいと思います。 ...

もちろん、私の経験上でも
大多数の方は温かく見守ってくれている
のですが、

それはやはり親御さんが
ちゃんと地域のコミュニティに参加している
ことが最低条件だと思います。

むやみやたらに受け入れてくれるほど
地域の受け皿は盤石ではありません。

Uターンや親戚がいるならまだ
輪に入りやすいですが、
全くの無縁で飛び込むのは
けっこうリスクが高いのです。

逆に関係性が崩れてしまったら
負のループです。

自然の中で遊びまくる!?

最近の子はそうでもないようです。

都会の子と変わらず
ゲームをしたり、カードで遊んだり、
Youtubeを見たり。笑

海や山が近くにあっても
「危ないから行っちゃダメ!」
と言われたり、
そもそも行く習慣がなかったり
するのです。

昔は親が漁師や農家だったりして
それにくっついていく子どもが
自然の中で遊ぶ光景があったのですが、

今は両親のお仕事も変わっています。

親が忙しくてお休みの日も
付き合ってあげられず、
海が近くにあるのに遊びに行けない
というのも皮肉なことに事実なのです。

せっかく松崎町には
綺麗な海があるのになあ、、
確かに海の事故があったりもするので
不安な気持ちもわかりますが。

オススメしないわけじゃない!でも、、

必ずしも憧れの世界ではない
田舎暮らし子育て。

少しでも現実が伝わったようであれば何よりです。

今回は主にネガティブな面を解説
してきましたが、
だから田舎暮らし子育てはやめときな!
というわけではありません。

こちらの記事のように、
田舎の素晴らしい環境で
深刻な喘息が治ってしまった!
という事例もあるのです。

静岡県の賀茂地域局で局長を務められている北村誠
静岡県賀茂地域局長_北村誠地域住民の生命と財産を守る使命 静岡県賀茂地域局長の北村誠さんのプロフィール 2017年4月、賀茂振興局長に就任(2018年4月、賀...

だからとってもオススメしたい!
でも失敗もある、、!

その現実を見せないのも良くないと
私は考えています。

じっくりご家族でご相談いただき
皆さんにとって最善の選択が実現できることを願っております。

もしご相談がございましたら
お気軽にどうぞ!

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です