伊豆未来会議

【危険!】知らぬ間に地方を蝕む、サイレント地域衰退の実態【中途半端はダメ!】

サイレント地域衰退

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

地方が衰退している
ということはよく知られてきました。

未来のために今伝えたいコト
【まとめ】地方の未来のために今伝えたい!こと10選【見て見ぬふりをしないで】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 当ブログの中では、 皆さんがあまり気づいていないかもしれないが、...

「有名なお店が閉まった」
のように目に見えて衰退がわかるときは
良いものです。

しかし!
実際にはいつの間にか
地方の元気が衰退しているケースが
後をたちません。。

今日はそんな実態について考えていきます。

こんな方におすすめ!

  1. 地方のリアルを知りたい
  2. 地方創生に関わりたい
  3. 地域の行事がしんどい

知らぬ間に地方を蝕む、サイレント地域衰退の実態

この地域は昔っからこうしてきたんだ!

そんな素晴らしい伝統が
地方にはたくさんあります。

しかし!

本当にその伝統、
守れていますか?

是非一度疑ってみてほしいと思います。

見て見ぬふりが一番ダメ!

地方は今、
著しい人口減少に見舞われています。

人口減少
【深刻です】人口が一人減るって甚大な影響ですよ!【今すぐ行動しよう】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは「過疎化」ということの危機感をどこまで持っているでしょうか...

実際に松崎町では
年に100人以上のペースで
人口が減っています。
6,500人の町で、です。

そうすると、
正直今までやっていたことを守る
ということが難しくなってきます。

そりゃあそうですよね。
1万人の人口がいたときと
現在の状況ではわけが違う。

さらには、
単純に人口が減るだけならまだしも
過度な高齢化によって
実働部隊である若年層の人口は
急激に減少しています。

同じ形を同じまま
維持できるわけない

のがリアルなところです。

それでも、

この地域は昔っからこうしてきたんだ!

こう主張している場合はかなり危険です。

けっこう手を抜いていたりする

とても当事者間では言えませんが、
実は昔のやり方とは違う
ということがかなりあるようです。

毎回は大変だから回数を減らしたり
うるさく言う人がいなくなったからなくしたり
別の形で代用したり

日本人ってそういうとき利口なもので、
「みんなが実はこれ大変だけど
やらなきゃな、、」と
思っていたものを、
阿吽の呼吸みたいなもので
やめ出すんですよね。^^;

(これぐらいなら楽しても良いよな、、?)

(あーうん、まあね、、)

そりゃあそうです。
地方の場合は前述の通り、
ものすごい勢いで人が減っています。

どこかに歪みがあり、
誰かが負担しているはずなんです。

それでも、自分から「やめよう」とは
言いたくないし、
見えなさそ~なところから
それとな~く省略していく。。

本当はうっすらみんな
わかっているんだけど
何も言えず。。

これを私は
サイレント地域衰退
と認識しています。

サイレント地域衰退がもたらす不幸

同じことをやっているようで、
実は要所要所で手抜きをしていく
というサイレント地域衰退。

これがけっこう深刻な問題です。

深掘りしていきます。

反省しない

人間、大きなミスをすると
反省して次へと活かしますよね。

このサイレント地方衰退の場合は、

一応それなりには形にするので
タチが悪い

のです。

つまり、徐々に劣化をしていく。

毎年繰り返している場合、
毎年毎年劣化していく。。

微細な変化の場合はもっとタチが悪くて、
間違った伝統が繰り返されてしまうのです。

繰り返しやっている意味って
そもそも何。。??

ともすればこのように
形骸化してしまう恐れがあります。

それなのに、現場の人は減り
負担は増えていく。。

負のループです。

頑張っていると言い聞かせたくなっちゃう

どんなに形骸化していても
何かを繰り返すと負担がかかります。
そうなると、

こんなに頑張ってるのに!!

というのが人情というものです。

ボランティアという悪魔
【見直そう】地方に巣くうボランティアという悪魔【地方のリアル】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは「ボランティア」という言葉を聞いてどのような印象をもつでし...

そうやって頑張る人たちだけが頑張り、
いつの間にかその辛さを共有する会
みたいになってしまう。。

言うなれば、不幸自慢のようなものです。

そんな状況のところに
人はやってきません。

参加すればするだけ損。
それは持続的なシステムとは
言えないのです。

いびつな地域愛を生む

そうやって持続的とは言えない仕組みが続くと、
それに耐えられない人から地域を離れていきます。

そして、それに残れる人だけが
団結し、閉鎖的になっていく。

よく地方はとかに比べて閉鎖的・排他的
という話がありますが、
その一因がここにあります。

おれたちのやり方こそ正義なんだ!!

その思い込みとは裏腹に、
実は昔通りにはうまくいっていない事実。。

ここにこそサイレント地域衰退の怖さがあります。

ONEPIECEと地域おこし
【考察】ONEPIECEから学ぶ、本当の地域おこしの形【目的と役割を冷静に見極めよう】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は地域が抱える構造的問題をちょっと変わった世界観から解説してみ...

こちらの記事の中では、
その「国を想う気持ちが国を滅ぼす」という
事態をうまく表現したマンガONEPIECEの一幕から
考察しました。

本当に皮肉なものです。

一気に環境が壊されるような衰退ならまだしも、

自分たちが想えば想うほど
理想的な状況から離れていく。。

多くの地域でも同じような事態が
起きているのではないでしょうか。

サイレント地域衰退を防ぐ!

そんな恐怖のスパイラルから
逃れるためには
どうしたら良いのでしょうか。

必ずうまくいく、
とは言えませんが
いくつかヒントはあります。

是非ご検討ください。

補助金は絶対ダメ!!

お金さえあれば楽になるはず。。!

人間、そうやって安易に考えがちです。

しかし! 実際は全くの逆。

補助金やめますか?それとも、人間やめますか?
【終了のお知らせ】補助金やめますか?それとも人間やめますか?が真実【民間よ、動け!】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今、伊豆半島の南部で大きな計画が立て続けに話題になっています。 ...

補助金を含む、
他人の予算に手をだしてはいけません。

長期にわたって地域を蝕む、
補助金は一時的な快楽を生むドラッグです。

上記の記事の中でも
かなり紹介していますが、
是非、地方創生の第一人者:木下斉さんのコラム
を数記事ご覧ください。

きっとご理解いただけるはずです。

やめるものは潔くやめよう!

今更過去のことを変えることはできません。

人が減り、子どもが生まれなかった以上、
この先も人口は減り続けます。

そうなればできなくなることは
もっと増えます。
今か、先か、の話なのです。

それであれば、
早めに対処した方が得策です。

補助金は無間地獄
【ダメ。ゼッタイ。】地方はやめる決断を!補助金が招く地方の無間地獄【今すぐ決断を】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 昨日から始まった、 木下斉さんによるオープンチャットが 大変勉...

やめる決断が辛いのは一瞬。

でもやめずに続く地獄は長期。

どちらが英断かどうかは
お分かりいただけるでしょう。

やるなら徹底的にやろう!

これだけはやり続けたいんだ!!

そう思うのであれば
バカになるぐらい一生懸命やりましょう。

それは一年でも時間をかけて、
何度でも打ち合わせをし、
お金も出し合ってやる!

ということです。

覚悟を決めて取り組めば、
方法はいくらでもあります。

  • SNSで拡散する!
  • クラウドファンディングで募る!
  • 地域を超えて連携する!

従来のやり方の枠組みを
まずぶっ壊し、
「やれることは何でもやる!」
という気持ちでぶつかりましょう。

そこに共感してくれる人は
現れやすい時代になっています。

SNSでアップデートはシェアリングエコノミー
【オススメ】情報はSNSでアップデートしてもらおう!【シェアリングエコノミー】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は急遽ですが、感謝と感動を皆様にお伝えしたいと思います! ...

今回の記事では、
どちらかというと
「やめましょう」が強い
ネガティブな論調になってしまいましたが、

振り切ってやる分には
私は大賛成です!

中途半端だから
「やめれば?」となって
しまうのです。

是非是非、バカになれる人が増えてほしいですね!

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です