時事ネタ

私は、南伊豆洋上風力発電事業に断固反対致します。

南伊豆洋上風力発電

現在、伊豆半島南部の洋上に
大規模な風力発電事業が計画されています。

私は現時点でこの計画に反対なので、
その理由を書き起こしていきたいと思います。

また、今回の経緯としては
下記のような意見広告をされた
菊池新さんに応答しようと思ったためです。

▼この件に関する過去の投稿はこちら▼

地方の開発
【搾取するな】開発されればされるほど損するのは地域では?という話【地元民よ、立ち上がれ!】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日は是非地元の方にこそ考えていただきたいと思い立ち、書き始めま...
洋上風力発電問題
【信用するな】縦覧・意見交換会は実行の合図。反対なら行動せよ!【Youtubeしかない】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 先日アップした洋上風力発電の件。 https://izuokosh...
県民のこえ
【衝撃】県民のこえという仕組みがすでに声を聞く気がない話【若者のこえってどこにあるの?】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は衝撃が強かったので急遽投稿を作成しました。。 皆さ...

私が南伊豆洋上風力発電事業に反対する理由

菊池さんが「故郷の風景」の面から
反対されていたので、
私は経済的な側面から反対したいと思います。

伊豆は観光地です

今回計画の中心となっている
伊豆半島南部は観光業が産業の中心です。

少し古いデータですが、
平成27年時点で南伊豆町さんの
第3次産業従事者割合は75%
だそうです。

産業は、古くから観光業を中心としたサービス業が盛んで、下賀茂温泉をは
じめ、太平洋岸には、弓ヶ浜・石廊崎・波勝崎を中心に特異な海岸美が造成さ
れ、これらの自然は本町にたぐいまれなる観光資源を与えてくれています。

南伊豆町産業振興促進計画より一部抜粋

どうして観光業が盛んなのか?

その理由は明確です。

豊かな海の資源があるからです。

  • 世界でも類を見ない地形
  • 抜群の水質
  • おいしい海の幸

それらに恵まれているからこそ
古くから観光業が盛んになっています。

海の資源を奪われたら一発アウトです

美しい海のない伊豆半島に
人が来るだろうかと考えると
甚だ疑問です。

現時点でも観光客数は右肩下がり。

どうやって人を呼び込もうか
という最中に、
思いっきり海の環境を改変する。

その理由がよくわかりません。

もちろん、
「自然環境に対する負荷は小さい」
と結論付けることもできるわけですが、

今回の計画は必ず影響がないかどうかは
結局フタをあけてみなければわからない

ですよね。

風力発電機ができたことで
豊かな漁礁ができた!

のであればもちろん大賛成ですが、
だったらもっとそのメリットが
訴求されていてもおかしくないですよね。

洋上風力発電のメリットは
「CO2排出量が減る」
「電力自給率が上がる」
等になるかと思います。

完璧な計画なんてそうないわけですから
そのデメリットがあるはずで、
洋上風力発電におけるデメリットはやはり
設置する環境を改変してしまうこと
なのです。

その影響の大小は結局推論に過ぎず、

魚がとれなくなった!

お客さんが来なくなった!

健康被害が!

と訴えても
「因果関係が認められません」
とされてしまったら終了なのです。

何より、そのデメリットによって
被害を被るのは事業計画者ではなく
地域の方々です。

開発者、電力販売者からすれば
地域の産業が衰退しようが
地元の人の健康被害がでようが
なんら影響はないのです。

利益は向こうに
不利益は地元に

そんな不公平な条件で
満足できなくないですか。。?

せめて地元にカネを落としてくれ!

こちらの記事でも書いたのですが、

地方の開発
【搾取するな】開発されればされるほど損するのは地域では?という話【地元民よ、立ち上がれ!】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 今日は是非地元の方にこそ考えていただきたいと思い立ち、書き始めま...

今回の開発の主語が
地元の人であれば何も問題ないと思います。

開発を進めるのも地元だし
電気を売ってお金にするのも地元

こういう条件であれば
何も問題ないと思います。

要は、地元の人たちが
これからは産業として売電事業で食っていく
と決断したのであれば、

いわば伊豆の海の資源を電力に変換して
生きていこうという話なので
魚を獲って商売にしようと変わらないわけです。

ところが残念ながら今回の計画は
東京本社の外資系企業が
発電した電力を海底ケーブルでつなぎ
東京電力に売電するとのこと。

地域の資源を切り売りしているのに
利益は地域外に。。

それではちょっとなあ、と思って
noteではアイデアベースでこんな訴えも書いてみました。

どうせ儲かると思って
事業を進めたいんだろうから、
どんどんお金を請求しちゃえ!!

という提案です。笑

赤字になるとなれば
計画中止も余儀なくされるのでは
と思ったりもしました。

ただの思いつきですけどね。笑

みんなで地域の資源を考えよう

この事業がどうであれ、
今回の議論を巻き起こした
新聞の意見広告は素晴らしいなと思います。

世の中の政治家たちの多くは
何も進展のない問答を大騒ぎしている中で、

しっかり届けるべきメッセージを届けてくださいました。

こういう行為こそ本当に必要で、
こうして議論が交わされることで
地域に必要な方針やアクションが見えてくると
思います。

賛成・反対については
いろいろな見方や考え方によって
意見が分かれると思います。

そして、いつかは決断をしなければいけないはずです。

その前に、どれだけ地域のことを想っている人が
ちゃんと意思表明をし、
真剣に向き合うことが一番重要だと思っています。

全員新聞広告を出せとはもちろん言いませんが、
是非こういう機会に地域の将来のためにも
考えてもらいたいなと思います。

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です