現役の方に伝えたいこと

【隊員の本音】地域おこし協力隊3年目がぶつかるジレンマ【地域おこしは必要か?】

地域おこし協力隊3年目のジレンマ

こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。

地域おこし協力隊もとうとう3年目!

さあ! 総仕上げだ!!

 

、、と、言いたいところですが
そうもいきません。。

今日はそんなリアルな本音について
ぶっちゃけていきたいと思います。

こんな方におすすめ!

  1. 地域おこし協力隊に興味がある
  2. 地方の問題ってなんだろう?
  3. 地域おこしにある悩みを聞きたい

地域おこし協力隊3年目がぶつかるジレンマ

地域おこし協力隊は制度上3年
という限定条件があります。

だからどうしても『3年』という意識を
するとともに、3年目にもなると
振り返ってみて考えることがたくさんあります。

そしてまさにその現場にいる私が痛烈に思うことがひとつ。

何もしない方が良かった
んじゃないだろうか。。

という疑問です。

地域は困っていない

会社の場合、営業成績が悪ければ
売り上げがあがらず
給料も払えず
大変困りますよね。

地域の場合どうでしょうか?

地域は困っていない
【告白】地域は困っていない!?それが地域おこしできない理由です。【核心です】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 本日は、特にこれから地域おこし協力隊や地方創生に関わることをやってみた...

実は過疎地と言われるような地域の多くで、
「あんまり困っていない」か、むしろ
「現状としては豊かだ」
なんてことがあったりします。

  • 人口の大半が年金という安定収入あり
  • ローンもほぼなく、消費金額も少額
  • 長年慣れ親しんだ最高の環境

見方次第ですが、
楽園とも言えるようにも思ってしまいました。。^^;

変化を拒んだ方が得である

パソコンやスマホのソフトが
アップデートされて、
過去の状態のままでは動かなくて
困ることってありますよね。

windowsアップデートしてね!とかです!

使いたい機能が使えなかったり、
セキュリティ上問題があったり。
だから面倒だとは思っても
なんとかアップデートしていきます。

でも、
パソコンやスマホを持っていない
人からすれば全く関係のない話ですよね。

そして、持っていない人の方が
圧倒的に多いとすれば、

持たない方が方が当たり前!
だから悩まないよ!

地方は保守的
【地方のリアル】変化を拒む方が得という寂しい事実【このままで良いのか?】 「FAXでご回答いただけますか?」 これを何度言われたことか。。^^; 非常に驚いたことに、地方ではまだまだFAXの普及率が...

何もなければ実は損しないということです。

地域おこしにおいても同じようなことが言えて、
下手に何かをしようものなら
「余計なことをするな!」
と逆に失敗どころか消耗する恐れもあります。

結果、何もしない方が評価される

特段困っていなくて
さらには変化もしない方が良い。

そうなると喜ばれるのは、
何もしない人
ということになります。

地域おこし協力隊の存在意味って、、!?

3年目にもなって
「あー何もしなかった方が良かったのかも、、」
となると寂しいものです。

どちらが良いのかどうかというのも
評価が難しいところですが、
特に何もしない方が可もなく不可もなく
評価としては「まあ良い人」と
なって終わるかもしれません。

そんなときに1人悩む地域おこし協力隊が多いのも事実です。

自分がやってきたことが
本当は無駄だったんじゃないか。

そうなると一気に無気力になってしまいますよね。

地域おこし協力隊は何もしないのが無難?

少し極論ではありますが、
困ってもおらず変化も望まないのであれば
もしかしたら私たちは何もしないのが
正解かもしれないと思えてきました。

果たしてどこに正解があるのでしょうか。

短期的には正解

何も起きない。
それはもしかしたら良い結果
なのかもしれません。

何も起きず、
いつもと変わらない風景がそこにある。

それなら結果オーライなのかもしれません。

でもそれは、誰にでもできることであり、
さらには何も起きないなんて当たり前の話です。

わざわざ地域おこし協力隊制度を
使って当たり前の状況を続けるのか。。?

そこには違和感を感じます。

長期的には不正解?

何も起きずに終わる。
それがずっと続くとは限りません。

少なくとも、この先10年を考えると
何も起きないまま終わる可能性の方が
圧倒的に低いと思います。

今から行動し始めれば
最悪の事態は避けられるかもしれない!

私は強くそう考えていますが、
実際それがどうなるかは未来の話。
誰にもまだわかりません。

正解不正解なんてないのかもね、、

私もそんな気がしています。

とはいえ、このままじゃいけない気がする。。

とにかくよくわからないのです。

不確定事項が多すぎて泥沼化

動いた方が良かったのか
別に何もしなかった方が良かったのか。

その結果すら、いつ出るのかもわかりません。

そんな不完全燃焼感の中、
気付けば任期終了が間近。。

おそらくそんな状況に
焦りや不安を感じる隊員は多いと思います。

私自身もどうすれば良いのか
ハッキリとはわかりませんが、
是非皆さんの力で一人でも多くの隊員が
任期後も積極的に活動できる地域を
つくっていけたらなと思います。

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です