田舎で暮らして気づけたこと

【地域おこしの真実】地域おこしのためにはUターンして移住が必要だ!【地元が一番】

出身者・Uターンは強い

地域おこし協力隊として
地域活性化やまちおこしといった
活動をしてきましたが、
よく感じるのは

やっぱり地元出身者やUターンは強い

ということです。

今日はその点を少しお話したいと思います。

こんな方におすすめ!

  1. 地元とヨソモノの関係を知りたい
  2. Uターンの人材が少ない
  3. 子どもたちにあまり力を入れていない

地域おこしのためにはUターンして移住が必要だ!

私は元々松崎町や伊豆エリアには
縁もゆかりもなく移住してきました。

だからこそ痛感したことが、

出身者の壁はどうやっても
越えられない

ということです。

自分のなんとなくわかるので、
別に必ず越えたい!とも思ってはいなかったのですが。笑

ヨソモノはヨソモノである

どんなに親しくなったり
お互いお世話になっていたりしても、
絶対に共有できないことがひとつ。

それは、
過去の経験です。

  • 子どものころに流行った遊び
  • 毎年行ったお祭り・行事
  • 名物人物やあるある

同じ中学校だった
というだけでも、
実はいろいろな過去の体験が
共有されています。

しかも、親戚関係同士である場合も多く、
家族ぐるみの関係であったり
友人のいとこであったり
何かしら接点があるのが地元では当たり前です。

それに対して私たち移住組は
また別の過去を持っています。

それを変えることはできないし
今から共有することもできない。

だから仲違いする、というわけではない
のですがどこかで共感できない側面が発生します。

特に、言葉にはできないような
ビミョーな感覚であればあるほど
説明も難しく越えられません。

でもそれはごく当たり前のこと。
仕方のないことです。

故に、我々はどこまでいっても
ヨソモノではあるのです。

どんな側面もすみ分けである

だからといって

ヨソモノだ!!

なんて扱いをされることは
このご時世にもちろんありません。笑

特に伊豆・松崎町の皆さんはとても寛容で
いつも有難く思っています。

最近では
「地域おこしには
ワカモノ・バカモノ・ヨソモノが必要だ!」
なんて言われることもあり、

むしろ重宝していただいたりもします。

地元の人ではできないこと、
やりにくいこと言いにくいことが
ヨソモノだからこそ解決できることも
あるのです。

切り込み型地域おこし協力隊
【現状打破】波風を恐れるな!切り込み型地域おこしのススメ。【用法用量は守って!】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは日ごろ、どんな情報発信をしているでしょうか? 多くの方は「...

その一方で、
ヨソモノでは解決できないこと
もたくさんあります。

  • 強固な地元のネットワークに入ること
  • 力関係を把握すること
  • 何十年スパンでのこと

なかなか地元の方には
ご理解いただけないと思いますが、

ヨソモノとしての一定の疎外感は
いつでもあります。

この人は一生ここにいるとは
限らない

ということがどこかで
ネックになっているように感じます。

地元の方であれば、
生家があったり親戚があったりするので
例えその人がいなくなっても
他からアクセスする術があります。

でも、私たちのようなヨソモノの場合は
それがないため、
結果的に信頼性で見劣りしてしまう
のです。

それでできないことが
たくさん。。!

もちろん全員が信頼されてない
ということはないので、
長い時間かけてまるで地元の人のように
信頼されている方もいらっしゃいますが、
それはまた難しい話です。

少し長くなりましたが、
とにかくお互いに
できることできないことはあります。

それもまた仕方のないこと。

だから諦めるのではなく、
すみ分けていくのが一番です。

これから地元になる子どもたちは非常に重要

そして、ここで強調しなければいけないのが
これから地域が地元になっていく子どもたちです。

彼らは私たちと違い、
地元民になることもヨソモノになることもできます。

今の少子高齢化・人口減少の流れを見れば
彼らに地元民になってもらわないと
非常に困ることは明確です。

ただでさえ子どもの数が少ない
のだから1人が貴重!

一人でも多くの地元民になってくれることを
心から願うばかりです。。

地元愛
【地方創生の処方箋】地元勢よ!地元愛を叫べ!【愛は地域を救う】 こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 突然ですが、皆さんは自分の故郷が好きですか? 特に意識したことがな...

そうしなければ、
せっかく私たちにはない特権を
ドブに捨ててしまうことになるから
です。

しかもそれがなくなってしまったら
もう取り返せない。

だからどうあっても
子どもたちが残ってくれる方法、
あるいは、戻ってきてくれる方法を
考えることは非常に重要です。

Uターンして移住者と一緒に地元を盛り上げませんか?

私たちだけではできないことが
地元出身者が1人いることで
劇的に変わることはよくあります。

Uターンだからこそできることを
是非見つけてもらいたいなと思っています。

というか、
是非お願いしたいです。笑

ヨソモノはまず話をしてもらえない

OOの息子ですー。

これが言えるかどうかで
初対面の印象は全く違います。

あぁーなんだOOだったら
うちの弟の同級生だよ~

そんな話がしょっちゅうありました。
そして、私たちにはその武器がありません。

それがないとまず同じ土俵に上がれないですし
話をするに至らないのです。。
運よく聞いてもらえたとしても
話半分だったり。

「その信頼を得ることからだ!」
ということもよく言われますが、
正直それは先の見えない闘いです。

それよりも、
そういうところは出身者が出てきて対応する方が
良いように思っています。

話が早いですからね。

すぐに移住ではなく、徐々に関わる選択肢も

とはいえ、仕事も家もあるしなぁ、、

そんな方も多いかと思います。

それでも大丈夫です。

なぜなら、今はSNSのようなオンラインツールもあるので、
気軽に参加できるイベント情報なんかを
誰でも共有することができます。

そして、たまに会に顔をだす、
それ以外はSNS上でたまに応援、
でも十分参加できるのです。

またこんな一言も非常に助かります。

そのことに詳しい人なら
紹介するよ!

これがありがたいですね~。

やはり地元の方は
「誰か知り合いからの紹介」
だと話が通りやすいこともあるので、
一言進言してもらえるだけでも
状況は一気に好転します。

かつてと今とではかなり違う

でも今更地元なんてなぁ~

いえいえ!

実はかつての記憶の中の故郷とは
良くも悪くも大きく変化していると思います。

地元企業を応援する
YouTubeチャンネルが立ち上がっていたり、笑

応援部が立ち上がっていたり!^^

18年近く過ごした地でしたが
こんな動きがあるなんて
全く知りもしませんでした。。

皆さんの地元でも何か始まっているかも
しれません。

そして、逆に悪い変化というのも起きています。

地方財政
【現地から激白】20代が真剣に地方財政を考えないといけない理由【正直ヤバイですよ】こんにちは!静岡県伊豆・松崎町地域おこし協力隊のてらけんです。 皆さんは地方財政を考えたことがありますか? ほとんどの方がNOではない...

悪いところだけ松崎町を
ピックアップして申し訳ないのですが、、

地方財政はかなりピンチです。

昔やっていたお店がなくなったり
みんなで遊びに行った場所が閉鎖したり。

「あのころここにはなぁ、」
なんて話もよく聞くので、
もしかしたら
「そんなわけないだろう」
というところこそ危ないのかもしれません。

あなたを待っています!

私たち地域おこし協力隊というのは
地元出身者でもなく
移住して長いベテランでもない
中途半端な立ち位置です。

だからこそ皆さんの
中継地点になれるかも!

出身者でも住所がどうしても
県外に。。

という方は是非我々現地にいる組を
活用してください!

皆さんで手を取り合っていく形が一番ベストだと考えています。

寺田健悟てらけん
伊豆については地域おこし協力隊におまかせ!
こんなメリットがあります!
  1. 住んでいるからこそ知り得たおすすめ情報!
  2. 地域の人とネットワークがある!
  3. 経験に基づく安心の旅行ルート、プラン!

地域おこし協力隊は、その地域が好きで移住までしちゃったという人間たちなので、そんじょそこらのガイドさんには負けませんよ!

ご連絡お待ちしております!

てらけん

ABOUT ME
てらけん
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です